医者に行かず、道具も使わずに自宅で簡単に出来る方法「THEいびき克服マニュアル」

自宅で簡単にできる!いびき改善方法TOP > いびきの基礎知識 > いびき治療法

治療法について

 

いびき治療法

いびきの原因を突き止め、その原因を取り除くことが「いびき防止対策」の基本です。

その原因が「生活習慣の改善」など、自分の努力では効果がない場合や、症状が激しい場合、睡眠時無呼吸症候群を伴う場合などは、耳鼻咽喉科や睡眠障害を扱う専門医などで診察を受け、症状に合わせた治療や手術が必要になってきます。

そこでここでは、現在日本で行われている、いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法や手術法を紹介しています。

いびき治療法



マウスピース(歯科器具装置)

あごの骨格や形状などが原因によって、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)になっている場合に行われている治療方法が、「マウスピース(歯科器具装置)」です。
マウスピースによる治療法は、それぞれ、その方に適したマウスピースを使って、睡眠時に舌が後方に下がって咽頭を塞さがないように、咽頭の広さを確保する治療法で、

治療の仕方は下あごを数ミリ程、前方に突き出すようにして、
自分専用のマウスピースを上下の歯の間に固定して
噛み合わせを改善します。


鼻マスク(CAPA)


睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療として、睡眠時に専用の鼻マスクを装着し、
一定の圧力を掛けた小型の空気ポンプにより、鼻から気道に空気を送り込む、

内科的治療の「鼻マスク(CPAP)」があります。

但し、鼻マスク(CAPA)を使用するには医師の診察が必要で、「睡眠時無呼吸症候群」として認定されれば保険(社会保険や健康保険など)の適用となり、月に数千円の負担で使用することができます

いびき手術



「扁桃」や「口蓋垂(のどちんこ)」が肥大化していたり、産まれつき上気道が狭いなどの場合には、生活習慣の改善などでは効果はありませんので、「外科的手術・耳鼻咽喉科的手術」をしなければイビキや睡眠時無呼吸症候群を根本から治すことができません。

一言でいびきの手術といっても、多くの種類があります。

どの手術を受ければいびきが改善されるのか、複数の医師に診断してもらってください。

手術によっては健康保険が適用されて手術費用の自己負担が六千円程度ですんだり、日帰りで手術を受けられるケースもあります。

だからといって、手軽で安全なわけではありません

いびき改善の効果がなかった上に、のどの違和感がしばらく続いてしまったという例もあり、注意が必要です。
いびきの手術は、その手術の効果があるかどうかが事前に判断しにくいといわれています。

また、のどや鼻の内部の粘膜、舌の周辺などはとても繊細で感覚が鋭い部分なので、なるべく危険がないように最小限の規模で済ませることが多いでしょう。

それで改善がみられなければ、再度、追加手術を行うケースもあります。

いびきの手術を受けた直後はいびきが改善しても、また再発したり、悪化したりする可能性もあるのです。

いびきの手術は最後の手段くらいに思っておいた方がいいかもしれません。

あらゆるいびき対策をとってみて駄目だったら、医師に相談して、いびきの音を確認してもらったり、投薬による治療などを受けてみてください。

いびきの音の確認もせずに、いきなり手術を勧めてくるような医師は避けた方がいいです。


薬物療法


いびきや、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療法として、気道拡張作用のある薬などを使用する「薬物療法」がありますが、

この治療法はあくまでも補助的な役割であって、根本的な解決方法にはなりません。





いびき治療法の詳細はこちら





 

いびきの基礎知識記事一覧

メカニズム

いびきのメカニズム「いびき」というのは寝ている時に発している爆音の事です。いびきをかいたり、いびきの音が出るメカニズムは全て同じなのですが、原因や音の大きさなどは人...

原因

いびきの原因いびきの原因目覚めているときの呼吸の音は、近くにいる人でもほとんど聞き取れません。それが、眠ると電車のガード下なみの大いびきをかく人がいるのは、なぜでし...

改善&解消法

いびき改善&解消法いびきを防止し、改善、解消するには、まずは自分が何が原因でイビキをかいているのかを知ることが大切です。そこでここでは、いびきの原因を突き止めたらどうす...

治療法

いびき治療法いびきの原因を突き止め、その原因を取り除くことが「いびき防止対策」の基本です。その原因が「生活習慣の改善」など、自分の努力では効果がない場合や、症状が激...


医者に行かず、道具も使わずに自宅で簡単に出来る方法「THEいびき克服マニュアル」