医者に行かず、道具も使わずに自宅で簡単に出来る方法「THEいびき克服マニュアル」

自宅で簡単にできる!いびき改善方法TOP > いびきのデメリット > 集中力・注意力・記憶力が低下

集中力・注意力・記憶力が低下ついて

 

いびきによる集中力・注意力・記憶力の低下

いびきを放っておくとどうなるかデメリットをお教えします。

いびきは、気道が狭くなり、喉ちんこ周辺の粘膜が振動する

ことより発生するのです。

そして、気道が狭くなると、普段呼吸をしているときよりも

酸素の供給量が減少します。

すると、当然脳に運搬される酸素も少なくなるわけです。

酸素は脳が活動するにあたって必要不可欠な原子です。

従って、脳に運ばれる酸素量が減少すれば、

人間が行うすべての活動に支障が生じてしまうのです。

では、どのような支障が生じるのでしょうか?例えば以下のとおりです。

集中力の低下



集中力が低下することで、仕事、勉強がはかどらなくなります。

運が悪ければリストラかも・・・


注意力の低下



注意力が低下すると、車を運転しているときに、突然眠くなったり、

運転に集中できなくなり、事故の原因につながります。

そうすると生命の危機に!


記憶力の低下



記憶力のが低下すると、

資格などの勉強をしてもなかなか覚えることができなくなってしまいます。

そうなると、資格取得も困難になるのです・・・








いびきのデメリットである集中力・注意力・記憶力の低下はこちら

 

集中力・注意力・記憶力が低下記事一覧

一緒に寝れない

いびきのデメリット騒音被害の事例 事例1私の夫は本当にいびきがうるさい人です。夜夫の隣で眠っていると夫のいびきで目を覚ます毎日でした。そんな夫につくづく...

集中力・注意力・記憶力が低下

いびきによる集中力・注意力・記憶力の低下いびきを放っておくとどうなるかデメリットをお教えします。いびきは、気道が狭くなり、喉ちんこ周辺の粘膜が振動することよ...

生活習慣病にも発展

いびきのデメリット:生活習慣病にも発展いびきをそのままにしておくと、寝ている間に息をしていないという病気!すなわち睡眠時無呼吸症候群に・・・日本にお...


医者に行かず、道具も使わずに自宅で簡単に出来る方法「THEいびき克服マニュアル」