医者に行かず、道具も使わずに自宅で簡単に出来る方法「THEいびき克服マニュアル」

自宅で簡単にできる!いびき改善方法TOP > いびきのデメリット > 生活習慣病にも発展

生活習慣病にも発展について

 

いびきのデメリット:生活習慣病にも発展

いびきをそのままにしておくと、

寝ている間に息をしていないという病気!

すなわち睡眠時無呼吸症候群に・・・

日本における睡眠時無呼吸症候群の現状


睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく「睡眠時」に「無呼吸」状態になる病気です。

英語ではSleep Apnea Syndrome(SAS)と書きます。

「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

「無呼吸=息が出来ない」ので死んでしまうのではないか?と思われがちですが、実は、この無呼吸自体で、死んでしまうことはありません。

むしろ、無呼吸がつづくことで体に負荷がかかり生活習慣病(高血圧や心疾患など)になることや、記憶に新しい新幹線のオーバーラン事件に代表される、昼間の眠気による事故(交通事故、労災事故)に関係するため、

ご本人だけでなく社会的にも問題となるのです。

怖いことを書きましたが、SASはしっかり治療すると無呼吸がなくなり、生活習慣病や眠気などの症状もきちんとコントロールできます。

この疾患はなにも特殊な疾患ではありません。有病率は人口の4%と言われており、日本には200万人いると言われています。

しかし、なかなか気がつきにくい、いびきをかく程度で受診するなんて恥ずかしいと言う理由などで、まだまだ治療を受けている方が少ないのが現状です。


以上のように、睡眠時無呼吸症候群は突然死や生活習慣病にも発展していきます。

心臓病、脳梗塞、心疾患などといった病気です。

そして、運が悪ければ死に陥ることだって十分に考えられるのです。

そうなったらあなたに残された家族はどうなりますか。

そうならないためには、どうすればいいのか



 

いびきを放っておくと記事一覧

一緒に寝れない

いびきのデメリット騒音被害の事例 事例1私の夫は本当にいびきがうるさい人です。夜夫の隣で眠っていると夫のいびきで目を覚ます毎日でした。そんな夫につくづく...

集中力・注意力・記憶力が低下

いびきによる集中力・注意力・記憶力の低下いびきを放っておくとどうなるかデメリットをお教えします。いびきは、気道が狭くなり、喉ちんこ周辺の粘膜が振動することよ...

生活習慣病にも発展

いびきのデメリット:生活習慣病にも発展いびきをそのままにしておくと、寝ている間に息をしていないという病気!すなわち睡眠時無呼吸症候群に・・・日本にお...


医者に行かず、道具も使わずに自宅で簡単に出来る方法「THEいびき克服マニュアル」